ファッション甲子園からのお知らせ

ファッション甲子園2019ポスター等広報物原画が決定!!

第19回全国高等学校ファッションデザイン選手権大会(ファッション甲子園2019)ポスター等広報物原画審査会が行われました。今回、140作品(12校・11県)の応募があり、その中から最優秀賞1点・優秀賞3点合計4点が選出されました。最優秀賞に選ばれた作品は、ファッション甲子園2019のポスターをはじめとするすべての広報物に使用されます。
たくさんのご応募、ありがとうございました!!

最優秀賞
もしくは何か
神戸市立六甲アイランド高等学校 2年 杉村 春奈 さん
(ファッション甲子園2019ポスター等広報物の原画として採用)

作品名:つむぐ

作品アピールポイント:
さわやかな雰囲気にするために全体的に青をベースにしました。リボンや糸で何でも作っていけるという様子を描きました。
優秀賞
VIVIAN
横浜デザイン学院 2年 鈴木 花菜 さん
作品名:-シンセカイ-

作品アピールポイント:
みずみずしい作品にするために、女の子はセーラー服に...まわりには花柄を描きました。また、手でカメラのポーズをしている人の目線な所もポイントです。
優秀賞
紫水
青森県立青森中央高等学校 2年 三浦 あゆ さん
作品名:宇宙

作品アピールポイント:
宇宙にもつうじるファッションを、というテーマで、拝啓の宇宙柄といろんな色や形の紙でドレスを作ったところ。
優秀賞
Imagination
神戸市立六甲アイランド高等学校 3年 波戸 真奈美 さん
作品名:宇宙旅行

作品アピールポイント:
ファッション甲子園のイメージがポップな感じなので青を中心とした様々な色をつかいました。宇宙をイメージしたのでこの女の子はバニーガールを着用しています。

最優秀賞受賞者:神戸市立六甲アイランド高等学校 2年 杉村 春奈さんからコメントをいただきました。

『年頭の目標として「今年はたくさん絵を描いて絶対に賞をとるぞ!」と決意したのですが、あまりにも急だったので、正直まだ実感が湧いていません。大きな賞を頂き、今はとにかく驚きの気持ちでいっぱいですが、2019年がとても素敵な年になりそうな予感がしています。
 作品のテーマはタイトルの通り「つむぐ」です。糸を「つむぐ」。言葉を「つむぐ」。気持ちを「つむぐ」。
 女の子が、無限に広がる青空の下、頭と目と耳と指先を使って、いろいろなものをこれから「つむい」で生み出していくイメージを描きました。
 自分の描いた絵をポスターや広報物に使って頂けるということが、少し恥ずかしい反面、とても楽しみでドキドキしています。』


審査員長(国立大学法人弘前大学教育学部美術教育講座 石川 善朗教授)よりコメント

『今年の傾向は非常に優劣の差が大きな年でした。一見してすぐに手が入っているかどうか、判別できてしまうような作品が多かったです。その中で最優秀に選ばれた作品は、思春期の純粋な気持ちが伝わる良い作品だと思います。特に視線の向きが手元に注がれていて、ファッションにかける少女の気持ちが良く伝わります。
 二年連続でアニメ系の表現が選ばれましたが、この傾向が良いのではなく、たまたまこの傾向で優秀な作品があったと言うだけです。来年以降は是非、幅広い表現を期待します。』

  • 動画はこちら
  • ヒロコレ ~ひろさきコレクション公式facebook
  • ファッション甲子園 -Recommend Blog-
後援・協力・協賛 一覧はこちら
ページトップへ