ファッション甲子園からのお知らせ

ファッション甲子園2022ポスター等広報物原画が決定!!

第21回全国高等学校ファッションデザイン選手権大会(ファッション甲子園2022)ポスター等広報物原画審査会が行われました。今回、88作品(14校・11府県)の応募があり、その中から優秀賞1点・佳作2点の合計3点が選出されました。優秀賞に選ばれた作品は、ファッション甲子園2022のポスターをはじめとするすべての広報物に使用されます。
たくさんのご応募、ありがとうございました!!


受賞作品

優秀賞
想像
学校法人舘田学園 五所川原第一高等学校
荒谷心夢さん(1年)

タイトル:想像

作品アピールポイント:たくさんの色や形で、これから自分の作品を作り上げる様子や、その楽しさを表現しました。
佳作
生命の息吹き
岡山県立興陽高等学校
佐藤愛衣さん(2年)

タイトル:生命の息吹き

作品アピールポイント:瑞々しいテーマから頭にすぐ浮かんだのはパッションフルーツでした。全体を果物に見立てた中でコンテストに応募する胸の高鳴りや葛藤はもちろん、一番の強い思いは全国からの生徒の個性が布を重ねたように連ね真の勝者が決まった時、目が開く事。
佳作
true colors
青森県立七戸高等学校
櫻田瀬那さん(2年)

タイトル:true colors

作品アピールポイント:降ってくる色々なボタンの中から自分の選んだボタンに手を伸ばすという構図に、ファッション甲子園に出場する全国の高校生の全員が優勝を目指して掴み取ろうという「思い」を、出来るだけ鮮やかな色彩で生き生きとした表現になるよう意識して描きました。

優秀賞受賞者コメント

『この度、ファッション甲子園のポスター原画に採用していただき、ありがとうございました。ポスター原画に採用されることを目標にしていたのでとても嬉しかったです。結果を聞いた瞬間は、驚きの方が大きく短い沈黙の後に母と一緒に「やったあ~」と声を上げ抱き合って喜びました。私の絵が、ポスターになるなんて夢のようです。
 この絵のこだわりポイントは、目立つ色を使ってはっきり描くことでした。大きい紙を使ったので色塗りが少し大変でしたが頑張って良かったです。黒いペンで縁をなぞったり、どこを何色で塗るかを考える時間がとても楽しくてわくわくする時間を過ごすことができました。ありがとうございました。』
(優秀賞 五所川原第一高等学校 1年 荒谷心夢さん)


優秀賞作品講評

『とても構図が良いデザインだと思います。色彩も鮮やかでアイキャッチが出来ます。
今一歩手を加えるなら、背景の円の大きさをランダムにするとか、円の中に服のデザインを入れるとかすればタイトルの「想像」とよりマッチできると思います。』
(石川善朗審査員/弘前大学非常勤講師、青森県文化財保護審議委員会委員)

  • ファッション甲子園第20回大会特設ページ
  • ファッション甲子園Instagram
  • 動画はこちら
  • ファッション甲子園 -Recommend Blog-
後援・協力・協賛 一覧はこちら
ページトップへ