過去大会

過去の大会結果

入賞作品入選校紹介一次審査

第13回大会 入賞作品(平成25年8月25日開催)

優勝
バーコード

高校名 : 県立大垣桜高等学校(岐阜県)
作品名 : バーコード

加納明日香(3年)
磯部瑛美(3年)
準優勝
Manta

高校名 : 県立愛知工業高等学校(愛知県)
作品名 : Manta

日沖翔一(3年)
東実花(3年)
田中美唄(3年)
第3位
ヘモグロビン

高校名 : 県立盛岡第一高等学校(岩手県)
作品名 : ヘモグロビン

水野まりや(2年)
鎌田碧衣(2年)
小原茜草(2年)
審査員長特別賞
外套

高校名 :私立山村国際高等学校(埼玉県)
作品名 :外套

佐野優希菜(3年)
石井笑(3年)
審査員特別賞(ガッツダイナマイトキャバレーズ賞)
Lolli pop candy

高校名 : 私立鹿児島城西高等学校(鹿児島県)
作品名 : Lolli pop candy

瀬戸高子(2年)
辻瑠那(2年)
審査員特別賞(ミナペルホネン賞)
モノクロ

高校名 : 専学バンタンデザインハイスクール(東京都)
作品名 : モノクロ

二階堂春花(2年)
鈴木杏奈(2年)
上野栞音(2年)
審査員特別賞(メルシーボーク賞)
 トゲトゲα

高校名 : 県立むつ工業高等学校(青森県)
作品名 : トゲトゲα

吉田信(2年)
高橋大生(2年)
観客賞(ご来場の皆様が選ぶ優秀作品賞)
親のキタイとか

高校名 : 県立弘前実業高等学校(青森県)
作品テーマ : 親のキタイとか

成田彩乃(3年)
鳴海淑乃(3年)
キラリ賞(出場校担当教員が自校以外の優れた学校を選ぶ賞)
バーコード

高校名 : 県立大垣桜高等学校(岐阜県)
作品名 : バーコード

加納明日香(3年)
磯部瑛美(3年)
キラリ賞(出場校担当教員が自校以外の優れた学校を選ぶ賞)
ヘモグロビン

高校名 : 県立盛岡第一高等学校(岩手県)
作品名 : ヘモグロビン

水野まりや(2年)
鎌田碧衣(2年)

入選校紹介(最終審査会出場校)

dream catch
<北海道代表>
道立稚内高等学校
作品テーマ : dream catch

チーム員 : 鈴木茉利奈(3年)鈴木有理奈(3年)
モデル :鈴木有理奈
デザイン画制作 : 鈴木茉利奈
最終審査会出場順番 : 17

審査員からのアドバイス:
フワフワ感を出す。シルエットも、しめる所はしめる。色のバランスも重たくならないように綺麗にまとめるといい。
親のキタイとか
<青森県代表>
県立弘前実業高等学校
作品テーマ : 親のキタイとか

チーム員 : 成田彩乃(3年)鳴海淑乃(3年)
モデル : 成田彩乃
デザイン画制作 : 成田彩乃
最終審査会出場順番 : 1

審査員からのアドバイス:
人型が問題。綿が入っているだけの人形だとつまらないので工夫が大切。テーマとしては珍しい。 なぜ服にしようとしたのか。靴やジャージも、現実的すぎるとつまらない。
夜景
<青森県代表>
県立弘前実業高等学校
作品テーマ : 夜景

チーム員 : 吹田綾乃(3年)三浦晴凪(3年)
モデル : 三浦晴凪
デザイン画制作 : 吹田綾乃
最終審査会出場順番 : 31

審査員からのアドバイス:
ぼかしをどう表現するか。夜景を見た時、綺麗と思えるように。染色と素材どちらでやるのかで大分違ってくると思うので頑張って。
トゲトゲα
<青森県代表>
県立むつ工業高等学校
作品テーマ : トゲトゲα

チーム員 : 吉田信(2年)高橋大生(2年)
モデル : 吉田信
デザイン画制作 :吉田信
最終審査会出場順番 : 13

審査員からのアドバイス:
絵の勢いのままに表現してほしい。人間として綺麗にやるのではなく絵の雰囲気をそのまま出してほしい。

DANGER GIRL
<青森県代表>
私立八戸工業大学第二高等学校
作品テーマ : DANGER GIRL

チーム員 : 小川未桜(3年)水戸彩夏(3年)
モデル : 小川未桜
デザイン画制作 : 水戸彩夏
最終審査会出場順番 : 12

審査員からのアドバイス:
しっぽをただ付けただけではなく、ファッションとして服とどう同化する事が出来るのかがポイント。

ヘモグロビン
<岩手県代表>
県立盛岡第一高等学校
作品テーマ : ヘモグロビン

チーム員 : 水野まりや(2年)鎌田碧衣(2年)小原茜草(2年)
モデル : 水野まりや
デザイン画制作 :水野まりや
最終審査会出場順番 : 21

審査員からのアドバイス:
絵のようなシルエットが出たら可愛い。絞る所を絞ってシンメトリーになるように。帽子とスカートのバランスを崩さないように。

blue-SQUARE
<宮城県代表>
私立宮城野高等学校
作品テーマ : blue-SQUARE

チーム員 : 今川くるみ(2年)岩崎菜奈美(2年)
モデル : 今川くるみ
デザイン画制作 : 今川くるみ、岩崎菜奈美
最終審査会出場順番 : 20

審査員からのアドバイス:
細かくやれそうな人だから、パッと見た時に四角だけで構成されるといい。繊細に仕上げたら綺麗。

モノクロ
<福島県代表>
県立福島西高等学校
作品テーマ : モノクロ

チーム員 : 若木未知留(3年)佐々木優(3年)
モデル : 若木未知留
デザイン画制作 : 若木未知留
最終審査会出場順番 : 29

審査員からのアドバイス:
初めからチェックの生地を使うとつまらない。違う素材でチェック柄を作ってほしい。

マリン・モンロー
<栃木県代表>
県立宇都宮白楊高等学校
作品テーマ : マリン・モンロー

チーム員 : 須藤由香里(3年)梅村美咲(3年)
モデル : 梅村美咲
デザイン画制作 : 須藤由香里
最終審査会出場順番 : 25

審査員からのアドバイス:
揺れるようなイメージで軽くしてほしい。素材でどれだけ軽くするか。針金を使うと絵と違うようになると思うので要注意。

カラーバタフライ
<埼玉県代表>
県立越谷総合技術高等学校
作品テーマ : カラーバタフライ

チーム員 :野松由梨(3年)中村亜紀(3年)
モデル : 駒田琴乃
デザイン画制作 : 野松由梨
最終審査会出場順番 : 4

審査員からのアドバイス:
絵だとユニークで面白いが、このフォルムをどう出すか。絵をどう忠実に表現するか。

外套
<埼玉県代表>
私立山村国際高等学校
作品テーマ :外套

チーム員 : 佐野優希菜(3年)石井笑(3年)
モデル : 石井笑
デザイン画制作 : 佐野優希菜
最終審査会出場順番 : 3

審査員からのアドバイス:
襟を工夫して、頭に被せるのを可愛く出来たらいい。バックのシルエットみたいに三角すいみたいになればいい。 現実のイメージあっての作品だから絵に忠実に。素材の工夫が必要
black and white
<千葉県代表>
県立市川工業高等学校
作品テーマ : black and white

チーム員 : 古村恵(1年)大鹿未来音(1年)田場美沙樹(1年)
モデル : 田場美紗樹
デザイン画制作 : 古村恵
最終審査会出場順番 : 18

審査員からのアドバイス:
絵のまま作ると寂しいから、メリハリが必要。作る時に離れて客観的に見ることも必要。

ろうそく
<東京都代表>
都立農業高等学校
作品テーマ :ろうそく
チーム員 :久留桐夏(3年)深澤優奈(3年)
モデル : 深澤優奈
デザイン画制作 : 久留桐夏
最終審査会出場順番 : 34

審査員からのアドバイス:
ロウソクが溶けるイメージをどうやって出すか。しずくも上手く表現してほしい。 スカートとか平面的になったらつまらないから工夫が必要。

モノクロ
<東京都代表>
専学バンタンデザインハイスクール
作品テーマ : モノクロ

チーム員 : 二階堂春花(2年)鈴木杏奈(2年)上野栞音(2年)
モデル : 上野栞音
デザイン画制作 : 二階堂春花
最終審査会出場順番 : 30

審査員からのアドバイス:
水玉を単なるプリントではなく何か立体的に。スカートは絵のように再現してほしい。

最先端のオトコ
<富山県代表>
私立富山第一高等学校
作品テーマ : 最先端のオトコ

チーム員 : 澤泉拓斗(3年)黒田将城(3年)
モデル : 黒田将城
デザイン画制作 : 澤泉拓斗

最終審査会出場順番 : 9

審査員からのアドバイス:
絵に迫力があるから、このまま服になるといい。細かいことを気にしないで。
マンガール
<静岡県代表>
私立三島高等学校
作品テーマ : マンガール

チーム員 : 小川和泉(3年)小野夏実(3年)
モデル :小野夏実
デザイン画制作 : 小川和泉
最終審査会出場順番 : 26

審査員からのアドバイス:
どうやって演出するか。見応えがあっていい。飛び出した感じを伝えてほしい。

パスタガール
<静岡県代表>
県立伊東高等学校
作品テーマ : パスタガール

チーム員 :稲葉麻衣(2年)小形栞(3年)
モデル : 小形栞
デザイン画制作 : 稲葉麻衣
最終審査会出場順番 : 16

審査員からのアドバイス:
お皿に盛った所をどうするのか、ただの毛糸だとつまらない。長いのをどうやってお皿に盛るのか工夫が必要。

Manta
<愛知県代表>
県立愛知工業高等学校
作品テーマ : Manta

チーム員 : 日沖翔一(3年)東実花(3年)田中美唄(3年)
モデル : 東実花
デザイン画制作 : 日沖翔一
最終審査会出場順番 : 27

審査員からのアドバイス:
針金とか使わないで、舞台で本当にマンタが泳いでいるようにフワフワしていてほしい。

本屋の主人
<愛知県代表>
専学安城生活福祉高等専修学校
作品テーマ : 本屋の主人

チーム員 : 太田有紀(3年)太田遥(3年)
モデル : 太田遥
デザイン画制作 : 太田有紀
最終審査会出場順番 : 24

審査員からのアドバイス:
これが本屋なのかわからないから、どこが本屋のイメージかわかるように。ジャケットのフォルムの出し方に注意して。

バーコード
<岐阜県代表>
県立大垣桜高等学校
作品テーマ : バーコード

チーム員 : 加納明日香(3年)磯部瑛美(3年)
モデル : 磯部瑛美
デザイン画制作 : 加納明日香
最終審査会出場順番 : 15

審査員からのアドバイス:
絵のまま出来たらいい。重くなるから、スカートの丈とふくらみやバランスが重要。

Laugh & Cry
<滋賀県代表>
県立栗東高等学校
作品テーマ : Laugh & Cry

チーム員 :藤村知子(3年)中田佳那子(3年)
モデル : 藤村知子
デザイン画制作 : 藤村知子
最終審査会出場順番 : 32

審査員からのアドバイス:
らせん風にファスナーを付ける。絵に忠実に作ってほしいが、素材の工夫が必要。

Botton Planet
<京都府代表>
私立京都共栄学園高等学校
作品テーマ : Botton Planet

チーム員 : 珍坂綾音(3年)内藤マリヤ(3年)
モデル : 珍坂綾音
デザイン画制作 :内藤マリヤ
最終審査会出場順番 : 22

審査員からのアドバイス:
服になった時の全体的なバランスが、軽い感じになるように色の配分に気をつける。布以外の素材もあってもいい。

Run Run 迷路
<大阪府代表>
専学東洋学園高等専修学校
作品テーマ : Run Run 迷路

チーム員 : 真鍋里菜(3年)段畑静香(3年)
モデル : 段畑静香
デザイン画制作 : 段畑静香、真鍋里菜
最終審査会出場順番 : 33

審査員からのアドバイス:
シルエット、色の配分、貼っている素材を大切に。ウエストのあたりがボテッとしないように。
カラフルビーズ
<兵庫県代表>
市立科学技術高等学校
作品テーマ : カラフルビーズ

チーム員 :中野杏佳(1年)飯田彩楓(1年)長谷川まや(2年)
モデル :中野杏佳
デザイン画制作 :中野杏佳
最終審査会出場順番 : 5

審査員からのアドバイス:
デザインどおりに上手くいけばいい。ビーズと服がくっつくのか。動きが出るような工夫が必要。
たそがれ
<兵庫県代表>
県立兵庫工業高等学校
作品テーマ : たそがれ

チーム員 : 桑崎愛(3年)サーマン玲奈(3年)
モデル : サーマン玲奈
デザイン画制作 : 桑崎愛
最終審査会出場順番 : 10

審査員からのアドバイス:
卵型をどうやって作るか。シルエット、デザインの雰囲気を出してほしい。
‐HANA-
<奈良県代表>
県立高円高等学校
作品テーマ :‐HANA-

チーム員 : 藤本旭妃(2年)広田みのり(2年)
モデル : 広田みのり
デザイン画制作 : 藤本旭妃
最終審査会出場順番 : 17

審査員からのアドバイス:
後ろを見た時の驚きが必要。中の造花が稚拙だと美しくまとまらない。
迷路
<岡山県代表>
県立岡山南高等学校
作品テーマ : 迷路

チーム員 : 小坂悠乃(3年)太田萌々音(3年)
モデル : 太田萌々音
デザイン画制作 : 小坂悠乃
最終審査会出場順番 : 28

審査員からのアドバイス:
全体的に重くならないように。でも、立体感は必要。
骨を接ぐ
<広島県代表>
専学学校法人小井手学園 小井手ファッションビューティー専門学校
作品テーマ : 骨を接ぐ

チーム員 : 川崎望美(3年)数面乃野(2年)
モデル : 数面乃野
デザイン画制作 : 川崎望美
最終審査会出場順番 : 23

審査員からのアドバイス:
ろっ骨がどうなるかで出来栄えが変わる。 骨の固いのとドレスの柔らかいのをどうやって表現するかがデザインの面白さを決めると思う。
clean~SEKAIのそうじ~
<山口県代表>
県立熊毛北高等学校
作品テーマ :clean~SEKAIのそうじ~

チーム員 : 小根森有花(2年)久保田泉美(2年)
モデル : 小根森有花
デザイン画制作 : 小根森有花
最終審査会出場順番 : 6

審査員からのアドバイス:
こじんまりまとまらないように。シンプルすぎると普通の服になる為、少し遊びがあってもいい。
Des ecailles de poisson
<愛媛県代表>
県立今治工業高等学校
作品テーマ : Des ecailles de poisson

チーム員 : 越智友希乃(3年)武田千襟(3年)
モデル : 越智友希乃
デザイン画制作 : 越智友希乃
最終審査会出場順番 :11

審査員からのアドバイス:
スカートを初め、動きが出るとおもしろい。
貝
<福岡県代表>
県立香椎高等学校
作品テーマ : 貝

チーム員 : 中島雅(3年)徳山美咲(3年)
モデル : 徳山美咲
デザイン画制作 : 中島雅
最終審査会出場順番 : 2

審査員からのアドバイス:
大胆に自分達の華やかさを引き出すといい。
ぐるぐるマント
<佐賀県代表>
県立有田工業高等学校
作品テーマ : ぐるぐるマント

チーム員 : 野口菜々実(3年)石橋夏生(3年)
モデル : 石橋夏生
デザイン画制作 : 野口菜々実
最終審査会出場順番 : 7

審査員からのアドバイス:
モコモコした感じを軽く仕上げてボテっとしないような素材選びが大切。
フラワー少女
<熊本県代表>
県立御船高等学校
作品テーマ : フラワー少女

チーム員 : 豊田くみこ(2年)大石仁美(2年)
モデル : 豊田くみこ
デザイン画制作 : 豊田くみこ
最終審査会出場順番 : 19

審査員からのアドバイス:
対比が上手くいくと綺麗になる。バランスが大事な為、崩れると汚くなってしまうから要注意。
Lolli pop candy
<鹿児島県代表>
私立鹿児島城西高等学校
作品テーマ : Lolli pop candy

チーム員 : 瀬戸高子(2年)辻瑠那(2年)
モデル : 瀬戸高子
デザイン画制作 : 辻瑠那
最終審査会出場順番 : 35

審査員からのアドバイス:
ウエストの表現が問題。コロッとした感じをどう出すか。大きい飴が重要になる。
現代のグラディエーター
<沖縄県代表>
県立北中城高等学校
作品テーマ : 現代のグラディエーター

チーム員 : 安村遼平(3年)湧川和昭(3年)三家本健人(3年)
モデル :湧川和昭
デザイン画制作 : 三家本健人
最終審査会出場順番 : 8

審査員からのアドバイス:
ゴツっとした雰囲気を大胆にいってほしい。肩のピラミッド柄が取ってつけたようにならないように。

一次審査

2013一次審査 5月24日(金)・25日(土)にファッション甲子園2013第一次審査を行いました。
今回は、全国44都道府県151校1,649チーム3,118点のデザイン画の応募があり(昨年は45都道府県212校1,823チーム3,667点)審査基準である「高校生らしい瑞々(みずみず)しい感性」に溢れた、独創性のある作品が多数届きました。
応募のあったすべての作品は2日間の日程で大塚陽子審査員長(東京ファッションデザイナー協議会議長)、原由美子審査員(ファッションディレクター)、AKI審査員(ガッツダイナマイトキャバレーズデザイナー)の3名が1枚1枚丁寧に審査を行いました。
厳正なる審査により以下の35チーム(27都道府県34校35点)が選出され、選出された作品は、デザイン画から衣装を制作し、8月25日(日)に弘前文化センターで開催される、各校生徒がモデルを務める公開ファッションショー形式の最終審査会に臨み、全国高校ファッションNo1を競います。

【原由美子審査員講評】
「今年で13回目の開催になり、日本全国からデザイン画が集まるようになり嬉しい。
認知されているのだと感じる。審査基準は「みずみずしい感性」ということで高校生でなければ出来ない感性の表現を見ている。作品の質は少しずつレベルアップしているような感じを抱く。今年の応募作品の傾向は夢のようなテーマや自分の好きなものを自由に描く作品が多かった。(応募数減数については)少子化・学校数減により自然なことではないかと思う。」




  • ファッション甲子園公式twitter
  • ヒロコレ ~ひろさきコレクション
  • ヒロコレ ~ひろさきコレクション公式facebook
  • ファッション甲子園 -Recommend Blog-
後援・協力・協賛 一覧はこちら
ページトップへ